ヤマコーでは、社員ひとり一人が技術に真剣に向き合い、
日々切磋琢磨しながらものづくりに取り組んでいます。
一人ではできないことも、力を合わせることで成し遂げられる。
そんな強いチームワークが高い技術を生み出しています。


「リレーのチームワーク」

お客様からいただいた機械部品の製造依頼。設計→金型製作→熱間鍛造→機械加工→検査という工程を経て、納品まで通常2~3ヶ月かかる案件でしたが、お客様の答えは「納期1ヵ月でできるなら」とのこと。

各部署が話し合い工程を算出し、30日になら短縮できると踏んですぐさま受注。各部署がチームワークを発揮し、スピードアップをしながら少しずつ納期を縮め、まるでアスリートのリレーのようにバトンを引き継いで、なんと3週間で完成。お客様に多いに喜んでいただけました。

“お客様のため”と全員が心を一つにして、真剣勝負で取り組んだこの経験はひとり一人の自信と成長に繋がり、私たちの大きな財産となりました。


「自分で見つけたやりがい」

各班で使用している機械なのに、掃除を行ってもいつも拭かれていない場所がありました。みんなが拭かなくてもよい場所と思いこんでいたのでした。

ある日、一人の若手社員がその場所を拭き始めました。拭けば吹くほどピカピカ輝きを放つ機械を見て、他の班も拭き始めました。いつしか、「拭く→磨き」競争が始まり、どれだけ拭いても、この若手社員には勝てず、みんなで“彼が優勝者だ!”と認めました。あとで本人に聞いてみると「その機械がやさしくなった」という印象を受け、普段のプレス作業も気持ちが入ってうまくなったそうです。そういった心がけが3S活動にもなり、ひとり一人の自信とやりがいにつながっています。

どんな小さなことでもやったことに対して必ず評価し、誰でも活躍できる場所があるのが、ヤマコーの魅力です。


「YPMカイゼン活動とは」

高い品質と安全が求められる自動車業界などで導入されているカイゼンを、ヤマコーでは「YPMカイゼン活動」と呼び、年2回発表会を開催し、今年で22年間継続しています。

その発表のために月に一度、各部署でテーマを掲げてYMPの進捗状況を報告をしています。一方、品質会議では品質向上のため、たとえば作業上で問題が起こった場合、「対策」と「歯止め」を優先しながら、改善点を明確にし、ルール化するまで徹底的に組み立て直します。

こういったカイゼン活動に取り組むことで、技術・品質向上に役立てています。

yamaco

大阪府東大阪市加納4-3-26
TEL:072-965-5621
FAX:072-965-5513

お問い合わせ

当社は2002年に品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9001の認証を取得しました。
今後も、認証取得を通じて構築した品質マネジメントシステムの維持・向上に努めるとともに、常に最適品質を志向して、施工品質をさらに高める努力を進めお客様から高い信頼と満足を得ることを目指していきます。

規格 ISO9001:2008
認定機関 日本品質保証機構(JQA)
登録証番号 JQA-QM8353
認証取得日 2002.6.14
トップへ